FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日タオ島出張に行っていた時

一緒に潜っていたお客様が

砂地から動かない…


まあ、タオの砂地ですから、

当然のごとく共生ハゼでもいたのかと

放置(笑)していたのですが、

あ、危険性がない場所であれば

見える範囲で自由行動、も可能です。


しばらくしてからカメラの液晶画面で

「こんな子がいました」と見せられたのが

13866737_1158013314261661_1430729041_n.jpg

ななな、なーんと!

ミジンベニハゼではありませんか。

住み家の瓶のガラスの厚さと比べて

小ささがおわかりになると思いますが、

ミジンという名は体を表す、で

とても小さな可愛いハゼです。

13672388_1158013320928327_540003799_n.jpg

正面顔は、角度によって緑に見える眼と

やや開き気味の受け口がキュートで

カメラ派のダイバーにとっては

永遠のアイドル、と言えるでしょう。



ダイバーの多いポイントだと、

心無い輩が瓶を持ち去ってしまったり

人が覗き過ぎていなくなったり、

なかなか居着いてくれませんが

ここはちょっと外れなので大丈夫な筈。

13672091_1158013610928298_1326403450_n.jpg



残念ながら、サムイ発のボートは潜らない場所なので

タオ島にステイしていただいた際に

是非リクエストしてみて下さい。


写真は発見者のお客様からいただきました。

Y様、有難うございました~。




以上、MARCYの報告でした。





いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ


スポンサーサイト
図鑑「本州のウミウシ」

「海に暮らす無脊椎動物のふしぎ」

などの著者

中野理枝さんがタオにいらっしゃったので

少しですが一緒に潜らせていただきました。



チュンポンピナクルなのに

ジンベエザメが出ていると言うのに

マクロレンズです(笑)

ウミウシがいそうな壁に貼り付き動かない…

その間に、いろいろ見つけて撮らせていただきました。

IMG_6258.jpg

こんな岩場にラッパウニ

しかも何か付いています。

エビか?と思って撮ったのですが

拡大して見たら寄生虫のようでした。


岩壁を覆うスナギンチャクの仲間

こんなに多いのは珍しいらしい

白化ですが…柔らかい感じが奇麗です

IMG_6276.jpg

岩の亀裂の中には

タカラガイの仲間

今まで見たことのない柄です。

IMG_6255.jpg

岩に付いているサンゴの表面

非常に小さいのですが

鮮やかな青いものが…

甲殻類でルリツボムシというそうです

ルリツボムシ


動かないでいるといろいろ見つかりますね。



次のポイントはノーネーム

ここはチュンポンよりもウミウシのいそうな環境です。

お花に囲まれたホンオトメウミウシ


ホンオトメウミウシ

中野さんが17年ぶりに見た

とおっしゃるぐらいですから

レアなのでしょうか?

こちらはタオでは普通種の

フリエリ(タマゴイロ)イボウミウシ

IMG_6304.jpg

イボ系の中では一番色鮮やかです。



壁を離れて、砂地では

淡くて上品な体色ながらも蛍光色を身にまとう

タイダムゼルの若魚をGET!

IMG_6300.jpg



安全停止に入ったロープには

コガネシマアジの幼魚が!

カメラを持っている時には

なかなか遭遇できないので

テンションが上がりますが…

IMG_6315.jpg

何故かガングロ

それでも可愛いからいいか。


と、ジックリ潜るダイビング

たまにはやってみるもんですね。

中野さん、有難うございました。




以上、MARCYの報告でした。





いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

タオに行っている間

浅場のマクロだけに限らず、

機会が有れば魚や生物の撮影をしていました。


ブリーフィングやブログに使える

説明用のカットが必要だからです。



ゲストを連れている時には撮影できないので

普段良く見ているのに撮っていないものも。



IMG_3326.jpg

このキツネフエフキ

大型のフエフキダイの仲間で目立つので、

「なんですか?」としょっちゅう聞かれます。



でも、なまじ大きいのでレンズによっては収まらず

なかなか撮れずにいた魚です。

これもフレームからはみ出しそうですが…。




捕食クリーニングなど

興奮状態?の時には体色を変えます。

IMG_3336.jpg

なんか…気持ち悪いかも。



根に付いた小魚を

集団で襲って食べてしまうので、

ガイド的にはあまり有り難くない存在です。


それもあって、今まで撮る気にならなかったのかもー。




以上、MARCYの報告でした。






いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

シーズン明けからタオ島勤務で

まだそれほど忙しくないので

機会が有ればカメラを持って潜ったり

取り貯めた画像の整理などをしていました。


過去に撮ったもので、判明したのがこの魚です。

クチベニ



フエフキダイの仲間で、

英名では最近はロングフィン・エンペラー

というのが一般的になっていますが、

以前の図鑑ではモザンビーク・エンペラー

などと記載されていました。


モザンビーク…アフリカに想いを馳せる名前ですね。




日本の海では聞いたことが無いので

和名が付いていない、と思い込んでいましたが

実は クチベニフエフキ

という標準和名がちゃんと有ったんです。

目から吻(鼻先)にかけての赤いラインが

クチベニの由来でしょうか?




それほど珍しくはありませんので、

見かけた時にはクチベニに注目して下さい。



以上、MARCYの報告でした。





いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
年明け後の初ダイブ

最終ダイブは浅場のスリーロックスでしたが、



岩そばの砂地の上での発見!

DSCF0082.jpg

ミノカサゴの幼魚(若魚)です。


自慢になりませんが、この辺りでは

ミノカサゴ類は超レア!


何年に一回しか見つからず、

ましてや幼魚など初めてお目にかかりました。


が、種類がイマイチわかりません。

腹ビレに模様が入っているのは、

図鑑を探しても出て来ず…

餅は餅屋で専門家にお聞きしました。


結果、総合的にはハナミノカサゴ

ということに。



ではこちらは?とストック写真に有った成魚

Kasago CP


これはミノカサゴ、ただし日本のミノカサゴとは

別種になるそうです。


「将来的には多数の種に分類される」ようで、

同定、難しいらしいです。


いずれにしても、もっと増えて欲しい種類ですね。



以上、MARCYの報告でした。
(幼魚のカットはお客様からいただきました。
交替でカメラをいじっていたので、私が撮ったのかも知れませんが)




いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

タオ島への短期出張ですが、

着いたその夜にアドバンスのナイト講習が

これは行かなければ、と久々に夜の撮影です。

DSCF6708.jpg

ポイントに向かう途中の夕景

海から上がった時の星空と共に、

ナイトダイブの嬉しい余禄ですね。



今回、水中でハマったのはテンジクダイ

昼間とはまとう衣装を変えています。

_MG_0907.jpg

キンセンイシモチは昼間も普通に見かけますが、



夜になると白い部分も輝いて

金銀線イシモチになります。

_MG_0908.jpg

拡大してみると、光の粒子をまぶしたようです。






こちらは、良く似ているけれど

ラインの数から判断すると

おそらく Cavite Cardinelfish という魚

_MG_0901.jpg



これもまたラメの粒々を身に漬けています。

まるで星くずみたいですね。

_MG_0901-2.jpg







昼間は地味な存在で

ついスルーしてしまいますが

ユカタイシモチも夜は美しくなります。

_MG_0897.jpg

この種の場合は、細かい点よりも

帯状の光が目立ちます。

しかも蛍光ブルーに輝いている。


_MG_0859.jpg




そして、あまりおなじみの無い

ミスジアカヒレイシモチ

しかも幼魚

_MG_0937.jpg



昼間は穴の中などに隠れているので

ほとんど見る機会がありませんが、

ごくたま~に見かけるとメチャ地味な体色です。

それが、夜にはこんな奇麗な輝きを…

_MG_0930.jpg

チャウエンビーチに出没するオカマさんのような

夜の蝶なんでしょうか。




最後に、これも昼間はまず見ないので

ナイトで見つけるとかなり興奮モノの

ナミダテンジクダイ(おそらく)


これは…

光ってませんね。

_MG_0950.jpg



以上、MARCYの報告でした。






いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
連日(間が空きましたが…)ご紹介している

アオルークの湾内



最近ではかなりポピュラーになった

トウアカクマノミのいるイソギンチャクがあります。

_MG_0826.jpg


増えたり減ったりしていますが、

今は大中小の三匹が揃っています。



気が強くて向かってくるけれど、

正面顔もなかなか魅力的ですね。


_MG_0834.jpg





そのイソギンチャクを良~く見ると、

_MG_0846.jpg

イソギンチャクエビも付いていました。

まだ小さくて、可愛い個体です。



そして、チョロチョロ動いているのは

『トウアカの幼魚だろう』

と思ったら…


_MG_0840.jpg

なんと、ハナビラクマノミ!!


トウアカと一緒にいるのは初めて見ました。

きっと追い出されそうな気がするのですが…

頑張って欲しいですね。



以上、MARCYの報告でした。






いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
昨日のタオ島でのデイトリップ

2本目はアオルークの湾内

お天気が良いので浅い砂地が心地良いダイビング

DSCF6220.jpg



その砂地に点在する根を探してみると、

いや、根だけでなくいたる所に生物だらけですが、

マクロにガッツリ嵌まるなら根を覗きます。


そして見つけた二匹のリボンリーフゴビー

_MG_0804.jpg


過去にも同じ穴に二匹いたこともありましたが、

上手く揃ってくれないので2ショットは撮れずにいました。



それがこの日は、なかなかの接近ぶり

_MG_0805.jpg


「誰か覗いているよ、どうしよう~?」

とでも話しているみたいですが…(苦笑)。




手前のソリハシコモンエビがジャマ過ぎて

やっぱり撮影はし難かったのですが、

なんとか仲の良さそうなシーンも。

_MG_0806.jpg


両方にピンを合せるまではいきませんでしたが、

ちゃんとマクロレンズで行った時に再トライします。

(この3カットはかなりトリミングしています)



でも、ようやく念願かないました!

他の生物は、明日ご紹介しますね。




以上、MARCYの報告でした。






いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

GWはずっと海に出っぱなしでしたが、

ようやくそれも途切れました。

お出でいただいたお客様、有難うございました。




そうこうしている間に、

先月発売された月刊「マリンダイビング」から

WEBページに「今月の人気写真」として

タオのイバラカンザシが!


1280x800.jpg


ダウンロードして壁紙に使えますよ。




本当に、他の海ではなかなか見られない量と密度

そして、色彩が豊かで奇麗です。

_MG_8202_20150510174646728.jpg






個人的に、最も密度が濃いと思っている場所は

イバラカンザシ12

こんな感じ。





これにタテジマヘビギンポでも乗ってくれたら、

もう言うことありませんね。

タテジマヘビギンポ2


引っ込めても遊べるし、

また開いてくる様子は動画向きで

いろんな楽しみ方ができますよ!






いつも応援ありがとうございます! 
本日もポチッとお願いします!!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
先日「正体不明」とご紹介したスズメダイ

また新たに写真を撮ってきました。

_MG_0257.jpg


専門の先生に調べていただいたら、
Amblyglyphidodon indicus
(学名です)
ではないかとのお話。

データベースで調べたら
英名はMaldives damselfish

モルディブには沢山いるのでしょうか?



こちらで良く見るナミスズメダイなどと同じ
クラカオスズメダイのようです。

_MG_0247.jpg

微妙な色合いが奇麗ですね。




こちらは別のポイントで撮ったもの。

IMG_2599.jpg

ちょっと目付きがキツイ…(笑)。


前回も書きましたが、
沢山増えてくれることを願っています。


以上、MARCYの報告でした。




いつも応援ありがとうございます! 本日もポチッとお願いします!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

プロフィール

サムイダイビングサービス

By:サムイダイビングサービス
1997年オープン! サムイ島で
最初の日系ダイビングショップ

サムイ島にはメインオフィス、
タオ島にも支店を構えています。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
以前の記事
2004年12月~2010年12月の
記事は こちら からご覧ください。
ブログランキング
SDSも参加!
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。